横浜市、川崎市で剣道防具、剣道具、武道具、竹刀、剣道衣、空手衣、柔道衣、合気道衣、居合衣のお求めは、JTS総合武道具センターへ

竹刀の手入れ

竹刀の分解・組立て・手入れの方法

  • 剣道における竹刀は、昔の武士の世界では刀(日本刀)の役割をしています。
    つまり、普段から刀の手入れをおこたっていると、いざという時に役に立たず、
    命に関るかもしれない危険を招いてしまうのです。

  • それは現代の剣道でも同じことです。竹刀の弦(ツル)が伸びていたり、中結いが
    緩んでいると技もきれいに決まらず、技術の向上の妨げになります。

  • また、先革が抜けてしまい、竹の先端で相手を傷つけてしまう可能性も出てきま
    す。さらに、竹刀の竹に「ささくれ」や割れがあると、破片が床に落ちて踏んでしまったり、道衣に刺さったりして大変危険です。

  • このような理由を理解した上で、竹刀は常に確認してベストな状態で
    使用しましょう。

小さいお子様の場合には、保護者の方が点検・調整してあげて下さい。なお当店では、これらの点検・調整を無料でしております。お気軽にお持ち下さい。他店で購入の竹刀も調整いたします。


  • 竹刀は鉄パイプではありません?! 竹でできている竹刀は、たった1回の使用
    でも破損することがあります。面金に直接当たったり、竹刀同士が激しくぶつかり
    合うと、割れたり折れたりします。わずか数回の使用でダメになってしまうのは
    残念なことですが、そのまま使い続けたり、テープなどで補修して使うことは、
    決してなさらないで下さい。

竹刀の分解

竹刀の分解1竹刀の分解2竹刀の分解3竹刀の分解4竹刀の分解5竹刀の分解6



竹刀の組立て

竹刀の組立1竹刀の組立2竹刀の組立3竹刀の組立4竹刀の組立5竹刀の組立6竹刀の組立7竹刀の組立8竹刀の組立9竹刀の組立10竹刀の組立11竹刀の組立12竹刀の組立13竹刀の組立14竹刀の組立15竹刀の組立16竹刀の組立17竹刀の組立18



竹のささくれの処理

  • 竹刀は、使用しているうちに竹の表面がはがれて痛んできます。
    これが、ささくれた状態です。

竹のささくれ

  • そのまま使用すると、ささくれが床に落ちたり、道衣に刺さり大変危険です。
    稽古の前後には必ず点検しましょう。

  • ささくれの取り方は、専用の竹刀ケズリを使用するのが確実です。
    (ナイフなどの刃物だと、削りすぎたり、えぐってしまう場合があります)。

  • 削るときは、竹に対して直角に近い角度で当てるのがポイントです。
    動かすときは、竹の先に向かって一方方向で削ります。
    往復させると、自分にささくれが飛んできて刺さる場合があります。
    その後、紙やすりで表面をならしておくと良いでしょう。その時は、竹の繊維に対して直角にけずるようにします。

    竹の削り方




  • 竹刀は、組んである時には分からなくても、竹の内側が割れていることがありま
    す。割れた竹刀は使用してはいけません。

気づきにくい割れた竹

竹が割れて危険な状態

  • また、弦が伸びていたり、中結いが緩んでいる時は、しっかり締め直してから
    使用しましょう。



    154470 12 15

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional